不二電機工業の歩み

1953年

創業者の藤本和夫(故人)が「労使は二つにあらず」という考えのもとに京都市中京区二条に不二電機を創業

1954年

京都市中京区柳馬場に初の店舗兼工場を開設
初の店舗兼工場
御池通りに初の店舗

1955年

社訓・経営の三原則を決定し、経営方針を明確化

1958年

資本金350万円で、不二電機工業株式会社を設立

1959年

組合せ方式による集合表示灯の製造・販売を開始

1960年

本社ならびに工場(地下1階地上4階)を新設、操業を開始
旧 本社ビル
旧 本社ビル

1961年

デスク盤用小型スイッチの製造・販売を開始

1962年

小型ドラム式スイッチの製造・販売を開始

1963年

草津製作所完成、操業を開始
旧 草津製作所
旧 草津製作所

カム式操作スイッチの製造・販売を開始

1969年

ノリル樹脂製組合せ式端子台の製造・販売を開始

1971年

コントロールセンタ用クリップの製造・販売を開始

1972年

コネクタの製造・販売を開始

1973年

大阪営業所を開設

1975年

電磁式LED表示器の製造・販売を開始

1976年

地域還元の一環として高・大学生を対象とする、無条件の奨学生制度を発足

1978年

指針式(セマフォア)表示器の製造・販売を開始

1982年

スプリング方式によるねじアップ端子台の製造・販売を開始

1985年

草津製作所新本館完成

1987年

組立自動化を開始
自動接点カシメ装置
自動接点カシメ装置

配電自動化用設定パネルの製造・販売を開始

1989年

草津製作所全館(本館、1号館、2号館、3号館)改築5カ年計画の完了

アナンシェータリレーの製造・販売を開始

1990年

小型LED表示灯の製造・販売を開始

1991年

省力配線用コネクタの製造・販売を開始

1992年

新旭工場完成、操業を開始

鉄道車両用切替スイッチの製造・販売を開始

1994年

東京営業所を開設

株式店頭公開を行う

日刊工業新聞社より優秀経営者賞を受賞

1995年

新旭工場第一期増築完了

小型差込式テストターミナルの製造・販売を開始

創業者 藤本和夫(故人)の寄付により滋賀県の高校生への奨学金給付を
目的とした財団法人藤本奨学会(現 公益財団法人藤本奨学会)が設立

1996年

鉄道車両用ドアスイッチの製造・販売を開始

1997年

草津製作所及び新旭工場にて、ISO 9001認証取得

新旭工場第二期増築完了

1998年

電鉄変電所用I/Oモジュールの製造・販売を開始

1999年

テレフォンリレー、新型集合表示灯の製造・販売を開始

2000年

ロック用試験端子の製造・販売を開始

2001年

代表取締役社長に小西正が就任

2002年

本社、草津製作所及び新旭工場にて、ISO 14001認証取得

高信頼ダブルブリッジ接点形スイッチの製造・販売を開始

2003年

本社社屋を新築

フォトカプラモジュールの製造・販売を開始

2004年

日本証券業協会への店頭登録を取消し、 ジャスダック証券取引所に株式を上場

RoHS 対応製品の製造を開始

2005年

スイッチ、落下式故障表示器において、中国強制認証規格(CCC)取得

大阪営業所及び東京営業所において、ISO14001の認証取得

2006年

東京証券取引所 市場第二部に上場

アース端子台の製造・販売を開始

2007年

ジャスダック証券取引所への株式上場を廃止

標準端子台において、米国のUL認証、欧州ではTÜVによる
欧州規格(EN)認証を取得

配線脱落防止端子台、マルチポイントコネクタの製造・販売を開始

2008年

「2008電設工業展」(主催:社団法人日本電設工業会)において
「配線脱落防止端子台(TQシリーズ)」が会長奨励賞受賞

小型カムスイッチ、スイッチディスコネクタの製造・販売を開始

2010年

大阪営業所及び東京営業所において、ISO9001の認証を取得
高耐圧端子台、海外リレー装置用テストスイッチの製造・販売を開始

2011年

みなみ草津工場完成、操業を開始
みなみ草津工場

大阪営業所を閉鎖し草津製作所へ統合

2012年

みなみ草津工場において、ISO14001の認証取得

2013年

高耐圧遮断端子台の製造・販売を開始

2014年

東京証券取引所 市場第一部銘柄指定

2015年

SemiCon Switchシリーズの製造・販売を開始

2017年

みなみ草津工場1号館増築完了

2018年

代表取締役社長に八木達史が就任