社長メッセージ

不二電機工業は1953年(昭和28年)の創業以来、電気制御機器メーカーとして、主に電力・交通分野において社会インフラづくりの一端を担ってまいりました。

創業当時から今日に至るまで、一貫して「品質は一番確かなセールスマン」を永久標語に掲げて製品の高い品質と安全性を追求することで、お客様の信頼を得てまいりました。昨今の業界を取り巻く環境はデジタルトランスフォーメーションという言葉が象徴しているように、大きな転換期を迎えております。
一段と厳しさが増す中ではありますが、創業以来の「真円の経営」「共感の経営」という確固たる企業理念のもと、世界から認められるパブリック・カンパニーを目指してまいります。

当社では近年、電力市場向け製品はもとより鉄道車両向け製品にも力を注いでおります。社会インフラを支えるメーカーとして、暮らしに安心・安全を提供するために、ユーザーニーズを的確に捉えた付加価値の高い製品を供給し続け、企業を永続的に発展させることがパブリック・カンパニーの使命と考えております。

現在、長期経営計画「Vision100」の達成に向けて、重点戦略の3本柱である「重電機器市場の深耕」、「一般産業市場の開拓」、「海外市場の開拓」に取り組んでおり、さらには、売上拡大のために新設した「商事部」(2015年)及び「生産技術部」(2016年)についての本格的稼働も進んでおります。
商事部では、自社製品と他社製品を組み合わせた複合商品を販売し、海外市場も積極的に開拓しています。そして生産技術部では、外販用生産装置の製作や外販用金型製作も行ってまいります。

新たな視点で次世代の新製品開発・新市場開拓を目指して全社が一丸となり、更なる成長に向けて果敢に挑戦してまいります。

代表取締役社長 八木 達史